ケイヒゲンは食後血糖値の上昇を抑制する[第3類医薬品]です。 1日3回、毎食後1回5錠服用してください。

ケイヒゲン[第3類医薬品]はこんな方にオススメです!

  • ご飯や甘いものが好き
  • 健康診断で血糖値が高めと言われたことがある
  • 運動をあまりしない
  • 肥満気味である

食後血糖の上昇抑制、口渇、のどの渇きに飲んで効く

「ケイヒゲン」は食後血糖の上昇を抑制する医薬品で、口渇、のどの渇きを緩和する効果が認められています。1日3回、1回5錠を毎食後服用してください。

※血糖値の降下作用が認められた医薬品ですが、一般的な糖尿病薬と同様、服用するだけで疾病を完治させるものではありません。また境界型糖尿病に関しては、 症状を悪化させず現状を維持することが期待できますが、日々の運動や食生活の見直しが大前提であり、服用するだけで糖尿病を未然に予防するものではありません。

由緒正しい生薬「ケイヒ末」を3,000mg※配合

桂皮とシナモン

日本では「シナモン」の名称でおなじみの「桂皮(ケイヒ)」。その歴史はとても深く、古代エジプトの医学書「エーベルス・パピルス」、古代ギリシャの薬学書「マテリア・メディカ」、古代インドの医学書「チャラカ・サンヒター」にも記載が残されています。 このように、香辛料はもちろん、医薬品としても世界各地で古くから親しまれてきました。

中国最古の薬学書「神農本草経」には、365種類の生薬の中でも『上品』として収載され、重要な生薬の一つとされてきました。漢方薬にも多く用いられており、これが古来「薬の王」と呼ばれる所以にもなっているようです。

日本には8世紀頃、遣唐使によってもたらされました。東大寺正倉院に納められた献納目録「種々薬帳」にも”桂心”という名称で記録が残っており、日本においても重要なお薬として扱われてきたことを物語っています。

ケイヒゲンの有効成分は「ケイヒ末」100%。由緒正しい生薬を、たっぷり3,000mg配合しています。

※1日量:15錠中

ご注文はこちらから

「ケイヒゲン」食後血糖値の上昇を抑制する 1日3回、毎食後に1回5錠

「ケイヒゲン」[第3類医薬品]

ご購入の際は「使用上の注意」をよく読み、内容をご理解いただいた上、お買い求めください。

インターネット注文の一時停止について

現在、インターネット注文を一時停止しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
ご注文はフリーダイヤルからお問い合わせください。


ご注文に関するお問合わせ

0120-922-922(日曜・祝日除く 9:00~18:00)

ケイヒゲン[第3類医薬品]
450錠(成人30日分) ケイヒゲン(30日分)

4,500(税抜)

税込価格:4,860円

明細書別送

販売中止
  • ※ケイヒゲンは、宅配便でのお届けとさせていただきます。お買い上げ金額によって送料が異なります。詳しくはこちら
  • ※医薬品とサプリメントは同時に発送することができません。同時にご注文された場合、個別のご注文として処理させていただきます。
  • ※医薬品はお買い上げ明細書が別送となります。

使用上の注意 相談すること
  1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
    • (1)医師の治療を受けている人。
    • (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
    • (3)今までに薬などによりアレルギー症状を起こしたことのある人。
  2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
    関係部位症 状
    皮 膚発疹・発赤、かゆみ
  3. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

成分・分量 1日量:15錠中
●ケイヒ末…3,000mg
添加物として、結晶セルロース、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウムを含む。

効能・効果 ●口渇、のどの渇き、糖尿病

用法・用量 次の量を1日3回、毎食後に服用してください。
年齢1回量1日服用回数
成人(15歳以上)5錠3回
15歳未満服用しないでください
【用法・用量に関連する注意】
定められた用法・用量を厳守してください。

保管及び取扱い上の注意
  1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
  2. 小児の手の届かない所に保管してください。
  3. 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)
  4. 本品は吸湿性が高いので、湿気により変色や亀裂など品質に影響を与える恐れがありますので、次の点にご注意ください。
    • ○服用のつどフタをよく閉めてご使用ください。
    • ○ぬれた手で触れないでください。又、一度取り出して手に乗せた錠剤は元に戻さないでください(変質防止のため)。
  5. 本剤は天然物(生薬)を用いているため、錠剤の色が多少異なることがあります。
  6. 使用期限(外箱・ラベルに記載)を過ぎた製品は服用しないでください。なお、期限内であっても、一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヶ月以内に服用してください。